葬儀が終わってからも、いろいろとやることがあります。

葬儀が終わってからも、いろいろとやることがあります。

 葬儀というのは、心身ともに本当に疲れるものです。突然の死から始まって、葬儀会社とのやりとり、お通夜、葬儀とすべてを何とか済ませてほっとしたいのが人情ですね。しかし、葬儀が終わったからといって安心できないんです。まだまだやることはあるんですよ。  まず、葬儀中にお世話になった方がいたらお礼の挨拶に伺いましょう。また弔電をいただいたところへは、挨拶状をおくります。そのためにも会葬者名簿は葬儀後すぐに整理しておかなくてはいけません。  それが済んだら、名義変更や相続などの法的な問題にとりかかりましょう。これはあちこちに出向いたり、書類を作成したりと大変に手間がかかります。葬儀のあとの疲れも出ますので、できれば家族で手分けしてやりましょう。法要や納骨の手配もあります。葬儀はおわってからも、遺族を休ませてくれません。体調管理はじゅうぶんにしておきましょうね。

葬儀をするのは難しいです

初めて葬儀をする時は、本当にわけが分からないです。 まず亡くなってすぐに葬儀会社を決めるのにも、結構たいへんです。 近くの葬儀社に電話をした時、申し訳ありませんが一杯ですと断られた。 そうですよね。先客がいればそうなりますよね。 なんとなく、電話をすればすぐに受け取ってもらえると思っていた私は、その事だけでもパニックになってしまいました。 そして、どうにか葬儀会社が決まってからも、何かとお通夜の日取りや葬式の日取り、100日までのスケジュール決めなど、決め事も沢山あるし、お寺のご住職との連絡も必要です。 葬儀のちょっとした知識はもっていた方がいいですね。 あってほしい事ではありませんが、近しい身内がなくなった時は、葬儀の勉強をするのもいいかも知れませんね。

Calendar