葬儀を経験して思った事

葬儀を経験して思った事

葬儀を初めて経験して思った事はシンプルに「大変だ・・。」と言う事でした。 そして葬儀は自分が送りだしても、送られる側はこれで満足しているのかも永遠にわからないので、達成感があまり得られなかった事です。 もちろんきちんと葬儀が出来て、その事には十分満足を覚えますし、葬儀会社の人も親身になって、凄くよくしてくれましたしあり難かったのですが、 関わる人が多すぎて、こんなに世間の人にお世話になって、自分達は生活していたのか・・、と思い知る事も多く、どれが正解なのか、どれが普通なのか、どれが、望まれる形なのかと模索しても結果が出ないのが「葬儀」なんだな、と痛感しました。 できれば葬儀は来るべき事として個々がある程度の事を決めておいた方がいいのでは?と思いました。

葬儀を経験して思った事

葬儀を行う際に葬儀社に支払う金額は、全体の平均で150万〜ほどかかるようです。 これは集まる人数やプランなどによって金額はまちまちですが平均でこれくらいです。 これは葬儀関連で正規に支払うもの以外に心づけ、いわゆるチップを慣例としてお渡しします。 それから忘れてはいけないのが人数ぶんの寿司などを振舞う通夜ぶるまいの金額もあります。 これはお焼香の後に来てくれた人たちに食事をしながら故人の思い出話で供養をしてもらう というものなのでとても大切なことなのです。 葬儀をどこでやるかなどでも変わってきますが葬儀会社を利用せずにお寺の住職さんなどにお願いする際には 御布施は必ず必要ですからこれは寺の格式または僧侶の位によって金額は違ってきますので一概にいくらとは言えませんが 相場では葬儀のときにかかる読経料は5万から最大15万くらいがマナーとしては失礼のない金額です。 その他、葬儀を手伝ってくれた近所や知人の世話役の人たちにも心づけといって世話役の人に 5千円から1万円位を用意するようにしましょう。

 

Calendar