葬儀の準備は葬儀屋さんの指示で

葬儀の準備は葬儀屋さんの指示で

身内に不幸があった場合に、どのように葬儀を行っていくのか不安です。 良く聞く話では、次から次へと決めることがたくさんあって 遺族は悲しんでいる間もないほどだと言います。 確かに、人が亡くなると届けを役所へ出したり、葬儀の準備や 生前に中が良かった方へ知らせなくてはいけません。 それよりもまずは葬儀屋を決めなくてはなりません。 中には、葬儀屋などの互助会に加入していたりする人もいて、 そういった場合には互助会に加入している葬儀屋へ連絡すると すぐに駆けつけてくれます。 その後の葬儀に関わる事は、葬儀屋さんの指示に従って行っていくことになります。 葬儀に詳しい人はあまりいません。身内の葬儀が初めてという人が ほとんどでしょう。わからない事は葬儀屋さんに聞くと何でも教えてくれます。 それこそ、和尚さんへ渡す金額まで教えてくれますよ。

葬儀の際に持参する香典について

葬儀に関するマナーについて、知らなくて困った思いをすることは少なくないと思います。ここでは、葬儀の際に持参する香典について見ていきたいと思います。 香典はいつ持参するものなのでしょうか。以前は、葬儀の前日に行われる通夜は、遺族を中心に過ごすものだったので、参列者は葬儀のときに香典を持参しました。しかし、最近では仕事の都合で通夜のみに参列するという人が増えたので、通夜のときに香典を持参する人も少なくありません。どちらかのタイミングで持参すれば、それで構わないようです。 香典袋を持参するときは、むき出しのままで持参するのではなく、袱紗(ふくさ)に包んで持参すると良いでしょう。そうすると汚れたり折れたりしません。紫色の袱紗なら慶弔どちらのときでも使えるので、持っていると、突然葬儀に参列することになったときにも助かって良いと思います。

Calendar