任意売却の際の優遇について

任意売却の際の優遇について

 人は誰でも失敗しますし、ミスをする生き物です。 事業に失敗してしまったり、リストラにあってしまったりと人生には不確定要素が沢山あるといえるでしょう。 たとえばそのような形でローンや借金が払えなくなってしまった時にはどうしたらよいのでしょうか? ひとつの方法に任意売却という方法があります。この方法は住宅ローンの返済ができなくなった時に 自ら志願して任意売却すると言う方法です。 この任意売却は競売よりも売却する側の自由が増えると言えるでしょう。 なぜなら任意売却をしようと決意する人はこの問題を早く解決したい、出来るだけ早く返済したい 前を向いて歩んで生きたいという誠意が見られるからです。 ですからこの任意売却によって、引越し費用の負担が認められるなどの優遇があります。 人生に失敗はつき物ですからこれからも誠意と、前向きな姿勢で 歩んでいきましょう。

 

任意売却はいつまでにすべきか?

 任意売却はいつまでに行えば良いのでしょうか。競売が始まってしまっては遅いのでしょうか。通常住宅ローンの返済を滞納し続けたら、否応無しに競売になってしまいますが、実は裁判所による競売の開札期日の前日までであれば、任意売却をおこなうことは可能です。前日であれば競売を取り下げることができますので、事実上は、競売開始になり、入札期間をむかえたとしても、任意売却に切り替えることができます。ただ実際は、遅くても執行官が家に調査に来たころには、任意売却をおこなうための専門業者に相談するのが良いでしょう。それでも任意売却に残された時間はそう多くはありません。できるだけ早い段階で任意売却の手続きをおこなったほうが得策と言えるでしょう。

Calendar