任意売却をすれば返済の道が見えてくる

任意売却をすれば返済の道が見えてくる

 任意売却をしたからといって、借り入れ残高を超えるほどの売却金が得られることは稀です。 そして、任意売却をしても、借り入れの返済責任が免除されるわけではありません。 したがって、任意売却をした後も、残った債務を引き続き返済していくことになります。 中には、住宅購入時と比較して、収入がかなり減ってしまい、任意売却後の返済に不安のある人もいるでしょう。 しかし、任意売却をして、返済に前向きな姿勢を示すと、滞納時と比べて金融機関からの印象もかなり良くなりますから、その後の返済については無理の無いものにしてもらえる可能性が高いです。 収入が減ってしまったからもう無理だと投げやりにならず、任意売却で返済の道を探るようにしてみてください。

 

任意売却に関する用語のまとめ

 任意売却を考えるときは、あらかじめ任意売却関連の用語について正しく理解しておいたほうがいいでしょう。 「残債」というのは、まだ返済が終わっていない住宅ローンの借り入れ残高のことを言います。 任意売却では売却金により、この残債を減らすことを目的にしています。 「抵当権」というのは、住宅ローンの返済が滞ったときに、その住宅をローン会社がとりあげることのできる権利のことを言います。 この抵当権があるために、返済が滞ると住宅が競売にかけられてしまうので、任意売却する必要があるのです。 「債権者」というのは、お金を貸している側の人のことを言います。 「債務者」というのは、その逆で、お金を借りている側のことを言います。 当然、任意売却をするのは、債務者の方です。


【神奈川県(他市・町)】
相模原市/ 鎌倉市/ 逗子市/ 三浦市/ 葉山町/ 厚木市/ 大和市/ 海老名市/ 座間市/ 綾瀬市
愛川町/ 平塚市/ 藤沢市/ 茅ヶ崎市/ 秦野市/ 伊勢原市/ 寒川町/ 大磯町/
南足柄市/ 中井町/ 大井町/ 松田町/ 小田原市

Calendar