連帯債務者や連帯保証人の存在と任意売却

連帯債務者や連帯保証人の存在と任意売却

 任意売却を行う時には絶対にチェックしておかなければいけない事が存在しています。 任意売却をする事に寄って迷惑をかけてしまう可能性があるのです。 住宅ローンの返済ができない事で利用されることが多いのが任意売却です。 その住宅ローンには、連帯債務者や連帯保証人というものがいらっしゃる可能性があります。 ご家族やご親族がそういったものになっていることがあります。 仮に任意売却をしますと、一部の債務がそちらの方に請求されてしまうことがあります。 ですので、任意売却をしなければいけなくなったと事前に伝えることがどうしても必要です。 上記の事は任意売却する場合必ず必要になります。 もしもしなければ、以後に大きなトラブルに発展します。 ご家族やご親族が相手なので、そのトラブルの大きさは想像に難くないでしょう。

 

任意売却を一つの方法として選択してみる

 せっかく住宅ローンを組んで、 新居を手に入れても、 様ざまな事情でローンの支払いが 出来なくなっている方も最近増えています。 そのまま支払いが滞り続ければ、 当然、差し押さえなどの処分があります。 住宅ローンなどでは購入した不動産が 担保になっています。 支払いが出来なくなったからといって、 担保になっている不動産はそのまま 売却はできないのです。 ですがこの場合でも売却できるのが任意売却なのです。 任意売却とは融資を受けた金融機関の合意を受け、 差し押さえなど解除してもらい、 売却手続きをすることを言います。 ただし住宅ローンを払えないなど、 滞納が続いている場合になってから、 任意売却の手続きをとることができます。 住宅ローンが払えなくても売却は無理と思わず、 まずこの任意売却ができることを知った上で、 任意売却を含めての可能性を検討するとよいと思います。

【神奈川県(横浜市)】
横浜市/ 鶴見区/ 神奈川区/ 西区/ 中区/ 南区/ 港南区/ 保土ヶ谷区/ 旭区/ 磯子区/ 金沢区
港北区/ 緑区/ 青葉区/ 都筑区/ 栄区/ 泉区/ 瀬谷区/ 戸塚区
【神奈川県(川崎市)】
川崎市/ 川崎区/ 幸区/ 中原区/ 高津区/ 宮前区/ 多摩区/ 麻生区

Calendar