競売を考える前の任意売却

競売を考える前の任意売却

 最近は様ざまな事情で、 住宅ローンの支払いが無理になった人が多いようです。 理由もリストラやボーナスカットなど、 人それぞれですがこんな時に重なるローンの支払いで、 結果的に自己破産や住宅の競売などという現実が見えます。 任意売却は競売にかけられる住宅を、 融資先の合意を得てから売却できるというものです。 格段に安く売られてしまう競売に比べれば、 任意売却での売却はとてもメリットがあります。 任意売却での費用は売却価格から費用を 差し引くため、費用を用意しなくてもよいのです。 売却価格も競売に比べれば、 相場に近い価格での売却ができます。 任意売却では金融機関との交渉もできるため、 自分にできるだけ有利に進めることができます。 競売に比べて任意売却は自分の交渉力も 売却価格に影響します。 競売を考える前に任意売却を検討したほうが メリットがあるといえます。

任意売却を決定したら住宅ローンの支払いはストップ

 任意売却を決定するということはかなり大きな決断です。 いまのままでは住宅ローンに支払いができなくなるということで決断することが一般的でしょう。 そのように住宅ローンの支払いができなくなってしまった場合ですが、 基本的に行わなければしけない事があります。 任意売却を債権回収業者などに勧められるようは状況でしたら問題ありません。 しかし、自分で任意売却を行うと決定した場合には、ある事を行わなければいけません。 それは住宅ローンの支払いをストップさせることです。 任意売却というシステムですが、実は住宅ローンを3カ月から6カ月滞納させることが条件になります。 支払い続けていますと、いつまでたっても任意売却ができませんので気をつけましょう。

Calendar