任意売却にはデメリットというのはないのでしょうか?

任意売却にはデメリットというのはないのでしょうか?

 任意売却には、多くのメリットがあります。 しかし、任意売却にはデメリットというのはないのでしょうか? 任意売却にもデメリットはあります。 任意売却のデメリットは、競売より手間がかかることです。 任意売却のデメリットは、別れた奥さんや別れた夫と話をする必要があることです。 任意売却のデメリットは、契約を行う場合には、不動産会社などを訪問する必要があることです。 任意売却のデメリットは、近所に知られる場合が有ることです。 その地区の不動産を買う場合、その地区に住んでいるような人が買う確率が大変高いのです。  このように、任意売却にもいろいろなデメリットはありますが、やはりそれ以上に任意売却は大きなメリットがあるので、非常におすすめではないでしょうか。

 

一般の不動産の販売業者と専門の任意売却の業者の違い

 一般の不動産の販売業者と専門の任意売却の業者があるそうです。 では、一般の不動産の販売業者と専門の任意売却の業者の違いはどのようなところにあるのでしょうか? 住宅ローンの返済が残っているような自分のマンションなどの不動産の物件の任意売却を行うということは、大変時間がかかるので非常に面倒です。 さらに、金融機関などの債権者と交渉を行うことが必要になってきます。 一般の不動産の販売業者では、たった一つの物件について、あまり時間と人をかけることができないようなことも有ります。 その上、任意売却の物件というような債権が関係しているような業務についての経験が全くありません。 そのため、任意売却の物件というのは一般の不動産の販売業者では取り扱うことが不可能です。

Calendar