任意売却でのサービサーとの関わり

任意売却でのサービサーとの関わり

任意売却を検討している人は、サービサーという言葉を耳にすることがあると思います。 サービサーというのは一般の人にとっては聞き慣れない言葉でしょうが、要するに債権の回収を行う業者のことです。 任意売却をした後、このサービサーから、取り立てを受けることがあります。 仕組みとしては、まず、住宅ローンの滞納が続くと、金融機関が保証会社に債権を買い取ってもらいます。 そして、任意売却が行われ、今度は、保証会社がサービサーに債権を買い取ってもらうという流れです。 サービサーは債権を買い取っているわけですから、債権を回収できなければ損をします。 保証会社や金融機関よりも、強い態度をとることが多いですから、困ったときは、任意売却をしたときに利用した任意売却業者や法律家に相談するのがいいでしょう。

 

注意すべき離婚と任意売却の関係性

最近ではお子さんがいることで積極的に離婚をされる方が多くなっています。 これからも、離婚が減るということは考えにくいですので、 離婚時にどういった問題が出てくるのかを考えるべきです。 そこで離婚の問題点ですが、住宅ローンがあります。 家を作った後に離婚した場合に住宅ローンが残っている事が多いわけです。 住宅ローンが残った状態でその家に住み続けることもあるかもしれません。 夫婦で連帯保証人になってしまっていることもあります。 そうなりますと離婚後も住宅ローンのしがらみから抜け出すことができなくなってしまいます。 ですので、離婚時にはなるべく任意売却で綺麗にしてしまうべきです。 これからの生活がどうなるか分かりません。 とりあえず任意売却をして債務を極限まで少なくして返済してしまった方がよろしいでしょう。 実際に任意売却をせずにそのままにしてしまい、どの道住宅を手放さざるを得なかった方も多いです。 離婚して家から離れたのに連帯保証人になっていたのでローンの請求がきてしまう方もいるほどです。 任意売却は離婚と同時に考えましょう。 離婚前に夫婦で任意売却について話し合うべきです。

 

Calendar