不動産の仲介手数料について

不動産の仲介手数料について

 不動産を購入する時に気をつけたいこと、不動産会社を仲介して買う時には、仲介手数料というのがかかっているんです。この金額は、一般的に不動産の価格の3%+6万円などと言われていますけど、これは法律で定められた上限であって、決まった額じゃないんです。仲介手数料は不動産会社との交渉次第で決められるものなんですよ。 中には仲介手数料が無料だとか、半額だとかいう不動産会社も登場しています。不動産会社は、この仲介手数料を売主と買主の両方から取っているので、買主から取らなくても成り立っていける場合もあるんです。 不動産は大きな買い物ですので、仲介手数料はかからないほどいいですよね。売買価格が大きくなればなるほど、額も大きくなりローンに響きます。どちらの業者でもまず一割は、値引き交渉に挑戦してみましょう。

 

不動産物件購入時の仲介手数料を節約するには

 不動産物件を購入する際には様々な諸費用が必要になります。その中でも意外と大きな金額になるのが、仲介手数料です。 仲介手数料は不動産物件の売主と買主を仲介してくれた不動産会社に対して支払われる手数料です。この手数料だけで数十万円が必要になってしまうケースが多く、できるだけ購入費用を抑えたいかたにとっては痛い出費となります。 ところが仲介手数料は名目通り仲介された場合にのみかかる費用です。もしも不動産会社が所有している不動産物件を購入するのであれば、仲介手数料は必要ありません。とはいえ、必ずしも不動産会社が所有する物件に気に入る物件があるとは限りません。 ところが最近では仲介物件の場合でも仲介手数料を無料にしてくれている不動産会社が登場してきています。こうした不動産会社を利用することで仲介手数料は抑えられますので、利用してみると良さそうです。

Calendar