地方での不動産取得のメリット

地方での不動産取得のメリット

 地方都市の場合、都心部と比べると地価がかなり安いので 不動産を取得することは若い世代からでも比較的容易です。 ローンを組むにしても、都会と比べると月々の支払いが全く違います。 ボーナス払いは別として、月々4万円くらい支払えれば不動産を十分購入できます。 地方であっても、学生のアパートの家賃は4万円くらいはするでしょう。 「それくらいの値段ですむのであれば、いっそ自分の不動産を購入したほうがいいのでは・・。」 と考える人は多いのではないでしょうか。 我が家も昨年、不動産を購入しました。 土地と一戸建ての家屋を合わせて2500万ほどでした。 庭には、2台車を置ける駐車スペースもあります。 場所も市内中心部で、買い物や通勤、通学にも便利なところです。 都内の不動産会社で働く友人が、新居に遊びにきてくれたのですが その際の発言が印象的でした。 「これと同じような物件は、都内なら1億するかもね。お得だよ。」 その言葉を聞いて、やはり思い切って購入して良かったと思いました。

不動産投資の新境地は海外にあり

 近年、不動産投資が大変な人気を呼んでいます。初期費用こそ大きな金額になりがちですが、いったん不動産を獲得してしまえば、その後は不動産からの安定した賃料収入が望めることが、主たる理由でしょう。そして、最近では初期費用もできる限り抑えたいという人の間で、海外の不動産投資が注目を集めています。 たとえば、テレビのバラエティ番組などで、ハワイのリゾートマンションの家賃が紹介されているのを見たことがあるでしょうか。広くて素敵な物件が、日本では考えられない格安の値段で売られていたはずです。このように、海外の不動産は日本に比べて安価なものが多いのです。そこに着目したのが、不動産投資が人気を集める日本のバイヤーたちです。今後の不動産投資は、海外市場も目に向けた者が優位に立つ時代になりそうです。

Calendar