不動産の持ち主

不動産の持ち主

 不動産の持ち主というと、大家さんというイメージもあるでしょう。一軒家であれば、もちろん自分が持っているという場合もあります。アパートだったりすると、大家さんが持ち主で、その大家さんから借りている、というのが済んでいる人だという感じです。こういった、大家さんと借り主というのが一般的な不動産の関係かと思ってしまいます。しかし、実際には、そうではなく、不動産の持ち主は、海外の投資会社だったりという場合もあるのです。 こういった不動産の持ち主は、海外からお金だけを投資して、運用会社などに不動産の運営は任せています。こういった運営会社が運営しているマンションなどは、都内にもたくさんあります。日本の不動産の持ち主は、実は大家さんではなく、海外投資家だったりもするのです。

フリーレントをする不動産オーナーの思惑

 不動産を借りるにあたって、フリーレントの条件がついている不動産を見つけたことのある人もいるでしょう。フリーレントの設定があれば、テナントとしては、入居して最初の時期には、賃料を払わずに住むことになります。テナント側としては、とてもありがたいことです。しかし、不動産オーナー側としては、フリーレントをすることで、1ヶ月だったり、3ヶ月の期間、賃料を免除するのですから、それなりのメリットがなければ、こういったことは行いません。実際、フリーレントをするのは、不動産オーナーとしては、賃料の金額自体を下げたくないという思惑がある場合があったりします。しかし、それであっても、テナントとしては、年間を通して払う賃料は少なくてすみますので、やはりありがたいともいえます。

Calendar