両親の不動産売買を手伝いました

実家の両親が不動産売却をしたいと相談してきました。両親は実家のほかに何軒か不動産を所有しています。その中でも、別荘として使っている不動産を一軒売却したいというのです。管理にもお金がかかるし、あまりそこに行くこともなくなってきたからだそうです。 確かにその不動産物件はいいものなんですが、場所が遠いのでなかなか行く機会がないみたいです。私は不動産売買関係の仕事についている友達が結構いるので、両親に友だちを紹介しました。友達もすごく感謝してくれました。 その別荘はすぐに買い手がつき、売買もスムーズに出来ました。買った時よりも値段が上がったと言ってました。 なんと親が私にお礼と言って手数料をくれました。ラッキーです。

頭金なしで購入できる不動産物件

 最近の不動産購入情報を見ていると、頭金なしでも購入できると書かれている物件がとても増えていると感じます。頭金に回せるだけの貯金がない購入者が増えていることの表れなのかもしれません。貯蓄がない方にとって、頭金なしで不動産が購入できるのはとてもありがたいことです。 とはいえ、頭金なしと言っても現金で支払う費用が全くないというわけではありません。不動産購入時には様々な費用が必要です。不動産登記にかかる費用などは現金で収めるという住宅メーカーもありますし、保険料などはもちろん現金での支払いになります。他にも不動産購入時には手付金が必要な場合がほとんどで、頭金なしで買えると言ってもある程度の現金は必要になるのです。 購入後のローン返済を考えても、頭金は無理だとしても諸費用を支払っても負担にならない程度の貯蓄はあった方が無難と言えるかもしれません。